顧客満足度の向上を図るためには、お客様の声を把握することが基本であり、もっとも重要なことです。
お客様の声を聞く方法としてアンケートの手段はもっともポピュラー方法になりますが、漫然と何も考えずにアンケートを実施しては得るものが少ないものです。

市場と消費の構造変化に対応し、様々なマーケティングシーンでお客様が直面する課題の解決や、お客様のどの様な調査ニーズ(ご依頼)でも、パインアンドマーケティングの豊富なアンケート調査メニューは対応しておりますので、お客様に対して当社のリサーチャーが幅広い調査力をもって市場の理解や御社のご依頼に応じた最適な調査企画や結果分析をご提供します。

アンケート調査には、定量調査と定性調査の二種類がありますが、両者ともにメリット・デメリットがありますので、それぞれ調査の目的によって適切な方法をパインアンドマーケティングのリサーチャーがご提案させていただきます。

定量調査の特徴

アンケート調査でおこなう定量調査というのは、人数や割合、傾向などのようにデータ化することが目的の調査に対して用いられる方法のことです。
この方法は、一般的な二者択一型のアンケートをイメージするとよいでしょう。

具体的な調査方法には、郵送調査や電話調査、インターネット調査などが該当しますが、ホームユーステストと呼ばれる新製品のサンプル調査なども一種の定量調査に当てはまります。
定量調査は定性調査に比べて容易かつ安価で大量の回答を集めることができるので、大まかな傾向をとらえるのには最適な調査方法になります。

他方、1つ1つのデータに対する信頼度は低くなる傾向になるめ、質的な問題も課題の一つになります。

定性調査の特徴について

アンケート調査でおこなう定性調査というものは、対象者本人に対して意見を聞き取る際に用いられる調査方法のことです。
一例を挙げますと、インタビュー調査や行動観察調査などが該当します。

定性調査では二者択一の質問を投げかけることもありますが、基本的には「なぜ好きなのか?」や「どうしてそれを選んだのか?」というような、ある意味YES、NO判断ともいえる意見を対象者へ求める質問が用いられます。

資料のご請求

当社のサービスに関する資料は、下記のフォームにご記入いただき、送信してください。

会社名/団体
必須
部署名
ご担当者名
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
メールアドレス(確認)
必須
市場調査のご経験 調査会社に依頼して実施したことがある自社で実施したことがある市場調査を実施したことはないわからない
その他ご質問