ブランド力調査

パインアンドマーケティングにおけるブランド力調査は、お客様のブランドが持つ力(ブランドパワー)を多面的に測定をおこない、競合市場におけるお客様の位置づけを確認しながら、商品の強み・弱み、ブランドロイヤリティなどを把握することができます。
定期的に定点観測を行っていくことによって、タイムリーに競合環境の把握ができますので、より迅速なマーケティングミックス(戦略)への対応が可能となります。

また、ブランドの認知経路(媒体)を把握することで、ブランドの浸透度を高めるために有効なコミュニケーション手法(媒体)を明らかにするばかりでなく、購買行動実態や価格受容性を合わせて調査することで、当該ブランドの店頭でのプロモーションや価格政策に有効な分析を行うことも可能となります。

顧客満足度調査(CS調査)

顧客満足度調査、若しくはCS調査(CS:Customer Satisfaction)とよばれる調査は、商品を利用した生活者の声から、満足度、他社商品との競争力、顧客ロイヤリティを明らかにします。

顧客満足度調査(CS調査)の結果は、客観的な顧客の評価として指標化し、社内のすべての部門で共有することが重要となりますので、有効に活用するためには、各部門ごとににCS推進委員を置くことによって、独立した組織としてのCS推進委員会やCS推進室を設けるなどの組織体制づくりまで行うことで、さらなる活用の幅が広がることになります。
また、自社の現況を捉えるためにも、顧客とともに重要なステークホルダーである従業員に対する満足度調査(ES調査)を実施し、顧客の意識と乖離がないかどうかをチェックすることが重要です。

CS向上による効果

  • 改善点の発見、新製品開発へのアプローチ
  • ロイヤリティの向上
  • 口コミによる推奨から新規顧客の獲得
  • 客観的な社内評価、行動基準の指標としての活用
  • 企業の先行指標の明示
  • CSによる企業にとっての資産

スイッチ把握調査

ブランド戦略においては顧客のロイヤリティをいかに高めるかが重要なキーワードになりますので、パインアンドマーケティングでは、お客様にかわって生活者の商品の乗り換え(スイッチ)状況を調査し、他社への乗り換え理由や要因を詳細にレポートしてまいります。
また、スイッチ状況について「今後の意向」を掛け合わせての流入・流出パターンからロイヤリティ区分(継続利用層・他社からの流入~流入意向層・流出~流出意向層・利用経験・利用意向のないアンチ層)を設定して、流出意向の要因も押さえることにより、今後の流出防止策を先んじて打つことも可能となります。

コレスポンデンス分析

コレスポンデンス分析とは、分析対象となる調査項目と分析の基準としたい属性項目等との関係性(類似性)を2次元の同一マップ上に表現する分析手法のことで、解析結果が視覚的にわかりやすく表現できるますので、自社と競合他社の商品イメージのポジショニングにも最適な分析調査です。

パインアンドマーケティングで行う分析調査は、主に自社と競合他社などのポジションの違いを可視化する分析手法になります。

ポートフォリオ分析

ポートフォリオ分析とは、顧客満足度や評価を効果的にアップさせるために必要な改善点を探るのに適している分析手法です。

ポートフォリオ分析は、要素ごとの総合満足度に寄与する影響度を相関の強さから分析することで、効率的な顧客満足度の向上施策を可能にしますので、自社の顧客の満足度を形成する要素を構造的に把握・分析してこそ施策することができますので、有効な自社のブランディング戦略に役立ちと効果を期待することが出来ます。

応用事例として、商品やサービスの購入意向・利用意向を高めるための要素を抽出し、効率的な販売・利用促進施策立案に向けた課題や優先順位を明らかにすることや、企業好感度やブランドイメージを高めるための要素を抽出し、効率的な企業・ブランドキャンペーン施策立案に向けた課題や優先順位を明らかにすることもできます。

共分散構造分析

共分散構造分析とは、共分散構造分析は「多変量解析」の分析手法のひとつであり、ある事象に対する因果関係の仮説を検証する分析手法のことになりますが、ある仮説を立てたとして、その仮説が正しいのか? 正しいとすればどの程度の強い因果関係があるのかどうかを解明し、仮説を元にロイヤリティの向上を目指すとすれば、どのような要因との因果関係が強いのかも明らかにできるので、マーケティングミックス(戦略)への落とし込みが可能となるものです。

要約すれば、商品やブランドの複雑な関係性をわかりやすく可視化する分析手法のことです。

共分散構造分析は、複数の変数間の仮説的な因果関係を検証し、その因果関係の強さを明らかにする「多変量解析」と呼ばれる分析手法のひとつです。

多変量解析は、

  • 目的変数(外的基準)と説明変数(内的基準)の因果関係を明らかにする手法
  • 質問項目や回答した対象者の整理、分類、類似度を明らかにする手法

に大別され、前者を目的変数(外的基準)のある手法、後者を目的変数(外的基準)をもたない手法といいます。

共分散構造分析は、そのなかでも後者の目的変数(外的基準)のある手法ですので、多くの変数間の因果関係の仮説的な構造を検証し、因果関係の強さを明らかにする手法です。

共分散構造分析は、分析者が変数間の因果関係について仮説を立てるところから始めていきます。
仮説は変数項目間を矢印で結んだパス図と呼ばれる図で表します。

共分散構造分析を行うことで、変数項目間の関係性の強さを表すパス係数と呼ばれる値が算出され、パス図の矢印上に示されます。

応用事例について

共分散構造分析では、解明したい仮説からパス図を作成することが重要なものとなります。
仮説は無限の可能性がありますので、それに対応したパス図も数限りなく描くことができていきます。

資料のご請求

当社のサービスに関する資料は、下記のフォームにご記入いただき、送信してください。

会社名/団体
必須
部署名
ご担当者名
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
メールアドレス(確認)
必須
市場調査のご経験 調査会社に依頼して実施したことがある自社で実施したことがある市場調査を実施したことはないわからない
その他ご質問