M&Aとは、Mergers and Acquisitionsの頭文字をとった略で、直訳すると「合併と買収」という意味のことになります。
わかりやすく言い換えればビジネスの売買(買収)複数のビジネスを一つに統合(合併)するための手法のことです。

売り手は、事業承継や資金調達、コア事業への集中、自社の生き残りを目的としてM&Aを戦略的に実行し、買い手は事業規模を広げる目的や新規事業の実施を目的として、M&Aを戦略的に実施するのが一般的な手法で、殆どの中小企業は、事業承継問題を解決する為にM&Aを実施しています。

近年では、高齢化や職業選択の多様化により、近年多くの中小企業が後継者不足に悩まされ、後継者不足により事業承継出来ない場合には、廃業する選択肢が一般的でした。

これまで培ってきたノウハウや技術が無くなることは、経営者にとって残念な事態であるほか、従業員や取引先にも大きな迷惑がかかるほか、日本の経済を支える中小企業が減っていくことは、国家としても大きな損失となるものです。

国が全面的に中小企業の事業承継のサポートを開始した事により、現在は多くの中小企業がM&Aの活用により経営課題を解決しています。