さまざまな経営課題を解決するM&A

事業承継の第一の選択肢として知られる「親族内承継」は、経営の意欲と能力に長けた後継者がいて家族や従業員、取引先の支持を得られるならば、最良の選択肢といえます。
しかし、積極的な事業承継の意思がない後継者や、関係者の理解が得られない場合は良い結果をもたらさないこともあります。

M&Aを活用した事業承継の場合、買い手企業はその企業に魅力を感じ、自社とのシナジーで事業が伸びると判断して買収しているのでM&A後の業績は上向くケースが大半です。
また、資金力のある企業の傘下に入れば、雇用が安定化するので従業員も恩恵を受けられ、取引先は安定期な取引関係が担保されることとなり、オーナー経営者とそのご家族は創業者利益が得られるなど、多数のメリットがもたらされます。

M&Aによる経営課題の解決事例

後継者不在の解消

事業承継にM&Aを活用すれば、買い手企業の人材プールあるいは外部リソースから適切な後継者を配置することができ、経営の持続性を担保することができます。
また、企業は買収で得た新たな資金を元手に事業を強化できるため、取引先や顧客に安心感を与えることもM&Aの大きな効果といえます

買い手企業が大手であれば、福利厚生も充実して雇用環境が改善し、従業員の満足度やモチベーションも高まるケースが数多くみられます。
一方、オーナー経営者はM&Aを選択することにより、創業者利潤を最大限に得ることが期待できますますので、個人保証や経営のストレスから解放され、譲渡益を元手にセカンドライフを楽しむことができるのは、M&Aのメリットといえます。

会社を次のステージに引き上げる

革新的な技術やビジネスモデルを有しているものの資本力やブランド認知度に欠けることの多い中小企業は、M&Aを戦略的に活用して大手企業の傘下に入ることにより、そのシナジー効果で開発した商品やサービスを社会に広めることが可能になります。

一方、大手企業は既存のビジネスモデルの制約があるため、社内と競合する分野の技術開発やリソースを持たない領域への進出が難しく、市場の変化に対応できないという課題を抱えていることがあります。

そのようなケースでは、自社事業とシナジーが期待できる企業や、関連する技術や知財を有する企業をM&Aで傘下に収めることで、事業を新たなステージへ引き上げることができます。

事業の戦略的再編を図る

世の中のニーズが多様化する中、全方位型で事業を展開していく経営手法は、意思決定スピードが遅くなりがちで投資効率も人材育成面もマイナスが大きいことから、M&Aを活用して選択と集中を図り、社内リソースを有望な領域に集中させ、競争力を高める戦略を取る企業が増えています。

事業を短期間で拡大する

スケールメリットが働く業種の場合、まず資本を投下してトップシェアを抑えて顧客を確保し、市場認知度やブランドを確立する戦略が重要です。

このような事業を展開する場合、M&Aをフル活用して競合企業の買収や、未進出エリアの企業・ブランドを傘下に収めることによって短時間でトップシェアを確立する戦略が有効といわれています。

IPO以外の手段でエグジットする

独創的なアイデアや技術・サービスを武器に存在感を放つスタートアップやベンチャー企業は、常にエグジット戦略を意識してビジネスを展開しています。
エグジットの第一の選択肢はIPOですが、IPO以外にも、関連事業を展開していて技術やノウハウ、人材を求めている資本力のある企業へM&Aする方法も積極的に活用されています。

M&A Tips

シナジー効果
シナジー効果とは、日本語では相乗効果相乗作用共同作用といわれています。
M&Aにおいては、経営資源の有効活用や異なる事業を組み合わせることにより、単なる利益の合計だけでなく大きな付加価値を生み出す効果のことになります。
⇔アナジー効果

エグジット(Exit)
エグジットとは、日本語では出口戦略といわれるもので、ベンチャーキャピタル等の投資ファンドにおける投資資金の回収、または戦略のことをいいます。

IPO(Initial Public Offering)
日本語では新規公開株新規上場株式と表します。
具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることになります。

お問合せはこちら

事業承継でお悩みのオーナー経営者はもちろん、経営戦略としてM&Aを活用したいと考えていらっしゃる方は、パインアンドマーケティングまで、ぜひご相談ください。

会社名/団体
必須
部署名
ご担当者名
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
メールアドレス(確認)
必須
M&Aをご検討の方 譲渡をご検討の方買収をご希望の方
その他ご質問