LBOとは

LBO(レバレッジド・バイアウト)とは、企業買収(M&A)の形態の一つで、少ない投資資金で大きなリターンが期待でき、比較的リスクの少ない手法といわれております。

LBOの種類には短期・中期的な転売を目的にしたものと、長期の事業目的のものとに分けられ、短期・中期的な転売を目的にしている場合には、株式市場での株価が割安であり、預金や有価証券などの換金性の高い資産を持っている企業が対象とされるケースが数多くあります。

LBOは、自己資本を抑えながら企業の買収を行うことができる手法であるため、投資目的で用いられることもありますが、買収を行う側は、実際に買収が成功することで資金の回収が可能となるため、リスクが比較的少ないといわれております。

LBOの特徴

LBOでは、買収の対象となる企業のキャッシュフローを生み出す事業・資産などを担保に金融機関から借入を行うのが最大の特徴ですが、理解しづらい部分でもあります。

LBOは買収する側の企業のキャッシュフローや資産ではなく、「買収される側の企業の」キャッシュフローや資産を担保に金融機関から資金を調達しますが、LBOには多額の資金を要することから、金融機関からの融資を受けるのが一般的です。

投資家から集めた資金を元に、資金を増やすことを目的とするバイアウト・ファンドでは、リターンを大きくするために積極的に金融機関からの借入金を利用し、LBOを実施します。

LBOにおいては、買収を行う側の自己資本が少なくても、大きな資本の企業を買収することができることから、レバレッジという言葉が使われます。