マーケティングという言葉を皆様はビジネスの世界でよく耳にする方も多いと思います。
しかし、マーケティングという言葉が指す意味は、人それぞれ解釈が違ってデータ分析や、市場リサーチ広告宣伝活動など人によって多種多様です。

マーケティング戦略

マーケティング活動は、マーケティング戦略があってこそはじめて有効に機能するものです。

マーケティング戦略は、経営戦略に近い立ち位置から

  • 誰に、何を、どのように伝えるか?
  • どのように売上を拡大していくのか?

考えていかなければなりません。

マーケティング戦略を考える最も基本的な考え方の1つである3C分析を方法論として活用していかなければなりません。

3Cとは?

3C分析とは、

  • Customer(市場/顧客)
  • Competitor(競合)
  • Company(自社)

のことです。

このようにして、市場・競合・自社の3つの観点をバランス良く考慮していった上で論理的に考えを深めていかなければなりません。

マーケティング(活動)の種類

具体的にマーケティングとはどのような活動を指すものなんでしょうか?
商品が誕生してから、お客様の手に届いて売上が発生するまでのプロセスを順番にたどっていきましょう。

市場調査(マーケティングリサーチ)

売れる商品を企画・開発していくためには、エンドユーザーが求めているものを知ることがもっとも大切なことです。
そのために行われているのが、市場調査(マーケティングリサーチ)です。

ユーザーへモニターへのアンケートをすることや、政府が出している統計データを調べたりしながら、定量的なデータを把握していきます。
また、お客様の年代や性別に近い方々を集めて、座談会を行ったり、商品を実際に使ってみてもらいながらユーザーの意見を募ったりしていって、定性的な情報も把握していきます。

広告宣伝活動

良い商品をいくらつくってみても、ユーザーに知ってもらえなければ売れないのはゆうまでもありませんので、商品を知ってもらうために次に行うのが、広告宣伝活動になります。

テレビや新聞などに広告を出す昔からの手法のほか、最近ではインターネットを使って検索エンジンやソーシャルメディアからアクセスを集める手法も一般的になってまいりました。

また、マスコミに記事として無料で取り上げてもらうPR(パブリシティ)や、口コミを広めるバズ・マーケティングなど方法はさまざまですが、その中でも本当に著名芸能人が愛用していることをPRしているかどうか疑問荷物広告まであることもすくなくはありません。

効果検証

効果検証は、実際にこれらの活動が売上に実際に結びついていたのかどうか?を検証していく作業です。
マーケティング活動に対してかかっていた費用(経費)と、それによって得られた売上を算出して費用対効果を検証していきます。
売上との直接的な関係を測定することが難しい側面もありますので、その場合は見込み客の獲得認知度の向上などの手前にある指標を用いて検証を行います