督促は放置できるのか?

まずはじめに、これまで問題なく金融機関への返済ができていた融資先(あなた)が、期日に遅れて返済するようになるとか、何か月も続けて返済しなくなると、金融機関から返済の督促を受けるようになります。

ここでいう返済とは、毎月の返済日に決まった金額を返済することは当初に融資先と銀行の間で交わした約束ごとで、融資先の都合で簡単にその約束を破ることは絶対に許されるものではありません。
経営不振等を理由に資金繰りが悪くなった会社では、経営者の身勝手な考え方によって、いとも簡単に銀行の返済を遅らせるとか返済をストップする輩が必ず現れてまいります。

月々の返済は約束ごとですから、当然に銀行としても返済が遅れれば、返済の督促を行います。
はじめのころは返済が遅れた返済日の翌日以降に電話を掛けて入金を促しますが、それでも返済が実行されず、月を超えるようなら督促ハガキや自宅への銀行担当者の訪問などが続き、数か月も経つといよいよ金融事故扱いとなり、法的処理や代位弁済、債権回収会社(サービサー)への具体的検討することとなります。

期限の利益と喪失によるデメリット

金融機関からの度重なる督促をほったらかしにしていると、債務者のあなた自身のメリットである期限の利益を失って事態が悪化することになります。

期限の利益とは、借主は約束ごとを守ってきちんと返済している限り、貸主から返済の督促も受けることなないもので、借り主は何の心配もなく安心して事業や経営に専念できる権利のことです。

借主が貸主の了解を得ることなく一方的に返済を遅らしてしまうことは契約違反であり、延滞が始まってから一定の期間が過ぎてしまうと、契約書に基づき借主は期限の利益を失い、貸主から借入金残金の一括返済を求められてしまうのです。

ただでさえ返済に困っている債務者にとっては、支払いにはとても応じられている場合ではない状況ですので、さらに泥沼の苦境に陥ってしまいます。

リスケ(リスケジュール)とは?

借り入れしている会社が経営不振からいよいよ返済が厳しくなってくると、銀行に対して返済条件の変更を申し入れしてくることがあります。これを銀行業界用語ではリスケジュールと呼んでいますが、かつての銀行ではこのような用語はなく、単純に返済条件変更とか返済条件緩和とか呼んでいました。

また、返済条件の項目には、金利・返済方法・返済期間・据置期間など多種とありますが、リスケで対応する場合は、このうち、返済方法、返済期間、据置期間などの変更で対応することとなるのが多いものです。

リスケのタイプについて

リスケのタイプについて、毎月返済型(証書貸付)を基本に3タイプとなりますので、以下に個々の説明を書き置きます。

元金据え置き・利息返済タイプ

元金の返済を一定期間(6ケ月~12ケ月)据え置いて、その間利息のみ支払うリスケタイプです。リスケ期間中、経営の回復度合いを見ながら次期のリスケ対応を銀行と個別相談していきます。

返済期間延長タイプ

単純に現在の返済期間を延長して、毎月返済額を現状より減らすリスケタイプです。金融機関の最も標準的なリスケ対応になります。

元金利息とも支払い据え置きタイプ

一定期間(6ケ月~24ケ月)元金、利息とも返済を据え置いて、経営の回復に専念するタイプのリスケになります。
ただし、リスケについては銀行にとってもかデメリットがるものですので、必ずしもどの会社でも受けられるリスケ対応ではありません。
また会社側にも経営責任を感じてもらうためにも、銀行から追加の担保差し入れや金利の引き上げをリスケの条件とされる場合があります。