リバースモーゲージとは、近年の高齢化社会を受けて、老後の住居をどう活用するかという観点から生まれた制度で、自宅(持ち家)に住みながらそれを担保に金融機関から融資を受ける制度で、おもにシニア層に向けて作られた制度で、契約者の死亡後に持ち家を売却し、その代金を返済に充てます。
一般的な住宅ローンの場合では、最初にまとめて借りて借りたお金を毎月返済していきますが、リバースモーゲージの場合は、融資期間の終了時(死後)にまとめて返済するという形で、毎月借り続けられるものです。

リバースモーゲージのメリット

リバースモーゲージの最大のメリットは、自宅を手放すことなく融資が受けられる点ですが、デメリットとして挙げられるのが、長生きするほど返済額が大きくなる点であることです。
自分が生きているうちに融資枠を使い果たしてしまうと、自宅を売却してそれを返済に充てなければならず、年老いてから住む場所を失うというリスクがあります。

金融機関によっても違いはありますが、利用の条件は一般の住宅ローンほど厳しくなく、資金の使途も比較的自由なので、年金収入の少ないシニア層にはメリットが大きいであると思いますが、高齢者施設に入居する際の一時金に充てる人も増えているのが現状です。

リバースモーゲージで注意すること

リバースモーゲージは前述したとおり説明はメリットを強調しているのが多いので、その裏に隠されたデメリットを十分に理解しなければ成りませんので注意が必要です