一般的にマーケティングリサーチ(市場調査)を行う方法として、つぎにあげる方法があります。

覆面調査

覆面調査は、調査員を雇って、顧客として店舗などへ行ってもらい調査を行う手法のことです。

アンケート調査

書類(郵送や該当アンケート)やインターネットを使って顧客に質問を行い、回答していただいたデータを集計して分析していく手法です。
簡単・低予算で行える調査方法として最も利用されているものです。

面接法

調査員と対象者が1対1で対面してヒアリングする手法のことです。
質問項目については予め決めておいて、回答を調査員が書きこんでいくタイプになります。
対面ならではの他愛のない雑談から、アンケートから深いニーズを読み取ることができます。

グループインタビュー

客や一般の方数名に足を運んでいただき、企業側から様々な質問を投げて討論して頂く場を設けて調査していきます。
もちろん商品・サービスの品質向上なら自社の顧客、新商品・サービス開発や競合調査などは一般の方にヒアリングするのがセオリーであることはいうまでもありません。

まとめ

大規模な市場調査は、専門の会社に依頼して行うことになりますが、まずは予算をかけずに気軽に行えるインターネットリサーチや顧客の座談会などから始めていくのが無難でしょうか?