マーケティングの4Cといわれるものは、

  • Customer Value(顧客にとっての価値)
  • Cost to the Customer(顧客の負担)
  • Convenience(入手の容易性)
  • Communication(コミュニケーション)

上記のように顧客の視点を重視したマーケティングの考え方になります。

4C4Pにとって代わるものではなく、4P4C双方の観点からマーケティングを考えていく必要ががあります。

Customer Value(顧客にとっての価値)

その製品・サービスが顧客にとってどんな価値をもたらすかという視点で考えることが、最初のステップになります。
作った製品をマーケットにいかにして売るかを考えている「4P」の考え方とは異なるものですので、あくまでも消費者にとっての価値からスタートしています。
その製品によって、楽しくなるのか、優越感に浸れるのか、癒されるのかなど、どんな価値があるのかを明確にしていかなければなりません。

Cost to the Customer(顧客の負担)

次に考察していかなければならないのが、Cost to the Customer(顧客の負担)になりますが、これは価値を手に入れるのにどれだけのコストが掛かるかということや、その製品やサービスにいくらならコスト負担できるのかを考えることになります。
4Pと基本的には変わらないのですが、消費者のコストであるという認識のもと価格設定を考えていくということになります。

Convenience(入手の容易性)

Convenience(入手の容易性)は、近くのどこの店にもあるものやネットで24時間入手可能などということを、顧客の利便性に焦点を当てた考え方になります。
また、顧客の求める価値に合致した入手容易性が求められているものです。

最寄品では、この入手容易性への期待が非常に高いといえるし、高級品であれば逆に入手困難なものへ人気が集中するものです。
つまりm顧客の求める価値に合致した容易性を構築しよう、ということになります。

Communication(コミュニケーション)

ここであげるCommunication(コミュニケーション)とは、企業側のメッセージが正確に消費者に届いているのか、また、顧客の声が企業に届いているかという観点で双方向のコミュニケー
ションを円滑にとれる仕組みを構築しようというものです。