マーケティングの定義について

「マーケティング」には、様々な解釈や定義があります。

マーケティング検定などを実施している日本マーケティング協会は、 以下のような定義を発表しています。

マーケティングとは、 企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、 公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。
(引用元:https://www.jma2-jp.org/jma/aboutjma/jmaorganization

マーケティングの重要性

企業にとってマーケティングは重要な事柄になりますが、 近年その重要性が強調されつつあります。

現在では市場が成熟・飽和し、「モノ」も「情報」も溢れている状態ですので、その中でもライバル企業を出し抜いていって、ユーザーから選ばれ生き残っていく為にも、競合製品との差別化を図らなければいけません。
いうなれば、たとえ良い製品を作っていても、顧客がはっきり良いと思えるような特徴がなければ 、特徴のある他社製品が選ばれてしまう可能性があるということなのです。

マーケティング(市場調査)は、

  1. いま顧客が求めているものは何か?
  2. より多くのターゲットに知ってもらえるのにはどのように宣伝すれば良いのか
  3. どのように宣伝状況を作り出せば顧客が購入しやすいのか

などに基づいたリサーチやそれに基づいた販売促進活動、 つまりマーケティングが重要とされるようになったのです。