情報が溢れる昨今、多くの企業は複数に渡るメディアを活用し、自社の製品やサービスに関するPRを行っていることかと思いますが、一般的なPR方法を大別すると大きくは2通りになると言われています。
その内の一つは広告であり、もう一つはプレスリリースです。

具体的に述べますと、広告は宣伝媒体となるもの、例えば新聞やインターネットサイト上への掲載枠を購入し、宣伝を行う方法になります。
プレスリリースは報道向け配布資料とも呼べるものであり、企業が新製品や新サービス、その他のニュースリリースとなる情報を報道各社へ通達することを意味してます。

この両者の決定的な違いはPRに関して費用が必要であるか、不要であるかという部分に集約され、広告は掲載に一定の費用が必要となりますが、プレスリリースには費用がほとんどかからないものなのです。

経営基盤が小さな中小零細企業にとっては、広告よりもプレスリリースを活用した方が費用対効果が高いものとして認識されており、プレスリリースを活用して業績を大きく伸ばした企業を挙げれば、書き出すことが面倒な作業になってしまうほどです。

媒体の選定

押さえておきたいポイントは、自社の事業ドメインによって掲載を依頼する宣伝媒体が大きく異なるという事になりますが、自社が展開する事業領域、経済領域を顕在化した上で、目的とする領域に対して高いPR能力を持つ媒体を選択する必要があります。

具体的な選定方法としては、自社サービスがターゲットとする顧客層が確認しているであろうメディアをリサーチすることから始めて、このリサーチ結果に応じてより詳細に宣伝媒体を選定することが可能となりますが、自社の事業ドメインによってある程度媒体選定に関する方向性を定めておかなければなりません。

近年では比較的安価な優良プレスリリース配信サイトも充実しており、宣伝媒体の多様化が進んでおりますので、プレスリリースの内容を充実させるだけではなく、どのようにして媒体を選定するのかという事が非常に重要となってくるのです。

何を伝えたいのか

プレスリリースは、あくまでも宣伝を行うためのものですので、最も大切なのは何をウリ(キャッチコピー)にするのか、PRポイントを先方に分かりやすい形で明確化する必要があります。

リリースしたい内容に対してPRすべきポイントが複数あったとしても、率先すべきは企業の方針として何を最優先すべきなのか、その順列をハッキリとつけておかなければなりません。
それぞれを等しくPRしてしまいますと、PRすべき複数の情報はそれぞれの濃度が薄まってしまい、プレスリリースを受け取った側には曖昧な印象を与えてしまうこととなってしまうのです。
情報を一挙に掲載したいという考えがあったとしても、先ずは押さえたいメインのポイントを1点に絞っておくことが重要です。

プレスリリースを打つタイミング

リリースの内容が煮詰まって宣伝媒体が決定されれば、いよいよ次はプレスリリースを打つことになることとなるのですが、タイミングが非常に重要となるのはいうまでもありません。

よくある事例ですが、リリース翌日に合わせて競合他社である企業が同じスキームを用いて、ほぼ同じ内容のサービス提供に関するリリースを発表することが多いことです。

通常、発表のタイミングは新商品やサービスの発表、人事や財務、組織関係等に関する内容であればリリースの当日、イベント告知等であれば数週間前から1・2ヶ月前にリリースを行うものですが、内容やメディアによってベストとされるタイミングは変わっていきますので、レスリリースを打つ際にはそういった事をも加味した上で、自社にとって最も適切なタイミングを図らなければなりません。

タイミングによって競合他者に差をつける事が可能であり、またその逆も然りということになりますので、プレスリリースを打つ上で、非常に重要なファクターとなりますので、この点を抑えて注意をしておかなければなりません。